虚像、幻想、フィクションを愛していると気付いたけれどもその気付きはすぐさま風化していく。鈍麻していく思考と常に戦い、内面と向き合い続ければならないのかもしれない。